お子様でも入れ歯をする?正しい歯並びのために大切なことです

みなさんこんにちは!

桃谷駅近くにある「さくら歯科医院」です。

 

入れ歯と聞くと高齢の方や大人の方に適用されるものだと思っていませんか?

実はお子様でも入れ歯のようなものを装着することがあります。

今回は、そんな入れ歯のようなものについて紹介したいと思います。

 

  • 入れ歯のようなものとは?

入れ歯のようなものと紹介していましたが、これは保隙装置といいます。

子供から大人へと成長していく過程で、乳歯から永久歯へと生え変わっていきます。

歯はただ生え変わっていると思っている方がいますが、実は法則性があり各年齢で生え変わる時期が決まっているのです。

この法則性が何らかの影響でずれてしまうと、歯並びが崩れる原因となってしまいます。

そこで保隙装置が登場します。

 

  • 保隙装置とは?

乳歯が早期に抜けてしまい、永久歯が生えてくるまで時間がかかると抜けてしまった部位の両隣の歯が移動することがあります。

歯が移動することで、永久歯の歯えるスペースがなくなってしまうのです。

保隙装置を使用することで永久歯が生えるためのスペースを確保することができます。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染対策の強化について

  2. ゴールデンウィーク中の診療

  3. 患者様の「なりたい口元」へ!生野区のさくら歯科医院

  4. きれいなお口からCMのような爽やか吐息を出しませんか?

  5. ホワイトニングと白い被せ物の違いって何?

  6. 自慢の院内設備を紹介!生野区のさくら歯科医院

当院は天王寺区にある「モリシタ歯科医院」の分院として、この桃谷に関院致しました。
本院では土曜日【※午前のみ】の診療も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP