頬にできたできもの?病変ができたら桃谷駅近くの「さくら歯科医院」へ

みなさんこんにちは!

桃谷駅近くにある「さくら歯科医院」です。

 

今回は頬にできものができてしまったらどのような病気が疑われるか紹介していきます。

 

  • 前癌病変の疑い

前癌病変とは、癌ではなく「がんになる可能性があるもの」です。

将来的に見ると、癌化する傾向が強い状態で病変の色で病名が変わります。

 

赤い病変の場合は紅板症、白い場合は白板症です。

このうち白板症の方が癌化する確率が高いので注意しましょう。

 

紅板症は鮮紅色をしていて、局所に限局しているのが特徴です。

白板症は白っぽい病変で痛みを伴うこともあるのです。

 

  • 前癌状態の疑い

前癌状態とは、前癌病変よりも癌に近い状態です。

できるだけ早い段階の治療が望まれます。

 

頬にできる前癌状態の代表的なもので扁平苔癬というのがあります。

扁平苔癬は金属アレルギーに関連して起きることもあります。

 

お口の中に何かできものができたら当院へご相談ください。

関連記事

  1. 舌がんにかかったことがある芸能人は多い…!早期発見が命です!…

  2. 嚥下障害を放っておくと大変なことになります!

  3. 自慢の院内設備を紹介!生野区のさくら歯科医院

  4. 訪問診療で使う器具を紹介!

  5. 通えない方も!訪問歯科治療を受けてみませんか?

  6. お子さんの歯を守るために親御様ができること3ポイント!

当院は天王寺区にある「モリシタ歯科医院」の分院として、この桃谷に関院致しました。
本院では土曜日【※午前のみ】の診療も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP