Googleの検索結果から見る歯科疾患の推移

 

 

みなさんこんにちは!

桃谷駅近くにある「さくら歯科医院」です。

 

検索エンジンとしてみなさんもスマートフォンやパソコンで利用することがある「Google」ですが、Googleの検索結果のデータからある面白いことを見つけたので紹介していきます。

 

  • 歯科では歯痛を調べる人が増加

Googleで「歯が痛い」と検索している数はここ5年間で右肩上がりです。厚生労働省の発表している歯科疾患実態調査では国民の虫歯保有数が減少しているのにもかかわらず、歯が痛いというキーワードの検索数が増加しているのは興味深いデータですね。

 

また、余談ですが歯が痛いというキーワードを検索しているのは九州地方をはじめとする西日本エリアで多く、青森県など北日本エリアでは検索数が少ないというデータがあります。

 

みなさんは「歯が痛い」と感じたら、検索だけで済ませずに歯科医院へ行くようにしましょう。

関連記事

  1. 歯の着色が気になる!ホワイトニングの効果はどれくらい持つのか…

  2. きれいなお口からCMのような爽やか吐息を出しませんか?

  3. コーラは本当に歯に悪いのか?実は他にも悪い飲み物がたくさんあ…

  4. 音波歯ブラシを使用する際の注意点!これだけ注意しましょう

  5. 新型コロナウイルス感染対策の強化について

  6. 訪問診療で使う器具を紹介!

当院は天王寺区にある「モリシタ歯科医院」の分院として、この桃谷に関院致しました。
本院では土曜日【※午前のみ】の診療も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP