歯科治療は進化している?歯型を取らないで被せ物ができる時代に突入

 

みなさんこんにちは!

桃谷駅近くにある「さくら歯科医院」です。

 

大きな虫歯治療や歯が欠損したときにブリッジを使用しようとすると被せ物を製作する必要があります。被せ物を作るためには一度患者様の歯型を採取して、石膏の模型を作り、その模型を元に金属の被せ物を作っていきます。

今まではこのような過程をふんで製作しておりました。しかし、最近では歯型を採取しなくても被せ物ができるようになりました。

これは嘔吐反射という反射のある患者様にとってはめまぐるしい発展で、歯科治療は日々進化していると言えます。

 

では、実際にどのようにして歯の形を採取するのでしょうか。

それは3Dスキャナーを使用してデジタルで歯の形を採取しています。

 

歯型をとるときに嘔吐反射がある患者様にとっては画期的な治療器具ですよね。

歯科治療は日々進化しており、さくら歯科医院のスタッフもその習得を心がけております。

関連記事

  1. ホワイトニングと白い被せ物の違いって何?

  2. 無意識にしている歯ぎしり!歯ぎしりが起こす3つの悪影響

  3. 文明の利器!人工知能が歯科医療を担う時代が来るのか?

  4. 新型コロナウイルス感染対策の強化について

  5. 訪問診療で使う器具を紹介!

  6. 口が渇いたときの対処法はこれ!気軽にできる対処法を紹介!

当院は天王寺区にある「モリシタ歯科医院」の分院として、この桃谷に関院致しました。
本院では土曜日【※午前のみ】の診療も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP